世界のボードゲームとPerfumeのブログ

Perfume54%,ボードゲーム43%,結局はMリーグ100% カタンの開拓者、ドミニオン、麻雀、モノポリー、スコットランド、パンデミック オススメや攻略をタラタラ書くブログです。

タグ:比較

かなり今更な記事ですが…
皆さんは咲の映画見られました?実写版もドラマ化されてましたね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

私はもともと漫画で咲を見ていて、その後、アニメ、そして今回の実写と見てきた次第です。

率直な感想ですけど…どれもいい!

いや〜見る前は、実写はあり得ないと思ったんですよね。
だって女子高生の話じゃないですか…それを役者がやるわけでしょ。高校生で集められるわけがない…

そう思いながら見ましたけど…
いいですね。配役がほぼほぼ文句の付け所なし!
強いていえば… 片岡 優希が違う気が…

IMG_1726


いや。実写で探す文には最高の人選かもしれませんね。
将来的に 薄墨初美とかできる人いるんですかね(笑)

さて、そんな実写版ですけど、宮永咲と原村和を 抑えているのはさすが!としか言いようがないです!
そして、部長と染谷先輩もいい味出てます✨

 名言も出てますからね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
 

フフフ…あり得ないって顔をしているわ でも、そのあり得ないが、そのまま私のアドバンテージになる あえて悪い待ちを選んで、そして上がる…これが私の打ち方 そして、これが私自身


あなたは、たった一回の人生も、論理と計算づく


この2つの名言はたまらん!

IMG_1727









是非見たい方はamazonでDVD購入してください。
限定のDVD も付いてきますよ^_^


人気ブログランキング
 

20151008175717


ライブドアブログを始めて3日の私が直面した
ライブドアブログでの広告掲載に関係する問題点と分析。成功と失敗を赤裸々に書きます!

ライブドアブログを始めたばかりで、なおかつ広告を載せたいと思っているあなた!!必見です!


とりあえず、私が直面した問題点!
どこの広告業者と登録したら良いの?
広告業者と登録したけど、広告掲載方法がわからない!


あなたもこの二つを経験していませんか?もっと詳しく言うと。。。

Google adsenseは使えるの?(グーグル・アドセンス)
どうやって広告を掲載するの?
nend広告は何枚まで掲載できるの?
収益の比率がいいのはどこ?

今のその悩み、このブログを読んで解決しましょう!(笑)

さて、どんどん進めていきます。

最初に直面する問題は、
Google adsenseは使えるの?
広告の中で最も効率の良いGoogle adsenseですが、端的に言うと。。。

Google adsenseはライブドアブログでは使えません!!!

理由は、無料のブログでは使えないというのが簡単ですね。
【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com
では、次の問題!
どこの広告を使えばいいの?収益の比較、使いやすさなど。

これも端的に言うと。。。

とりあえず全業者に申し込めばOK!!
nend,i-mobile,AMoAd,MicroAd,ADrout,Fluct,Zucks,忍者AdMax,medi-8,adcrops

ん?ついに適当なこと言い出したって?
いえいえ、ちゃんと理由があります。
理由は4つ!
申請してからOKが出るまでの期間がそれぞれ違う!
必ず承認されるわけではない!
ブログの内容によって収益の出方が大きく変わる。
収益の出ないと感じた広告は使用しなければいいだけ!


それぞれ少し詳しく言うと、会員登録し、どんなブログを書いているかURLを貼ります。
私が利用申請した時、返信が最速だったのはnendでした。じゃあ、nendで行くか!と思いましたが、nendの場合はその後広告の枠を作り、それを再度申請する必要があります。その申請もしばらくかかるわけです。そうこうしていると
忍者AdMaxから利用OKメールがつきます。じゃあ、忍者AdMaxも広告枠を作っておくかと作ったところ、作った瞬間でOK。そのまま使えました。
と、どの業者がOKしてくれるかわからないわけですね。
また、必ず承認されるわけでもありません。特に投稿記事数が少ない時なんかは落選したりします。

さらにさらに、広告の内容で、どの業者が良いかも変わってきます。
例えば、Zucks Ad Networkなんかはスマホアプリをメインにやっている会社なので、ゲーム系の記事ならクリックもガンガンでウハウハです。でも、芸能とかスポーツ、料理とかで行こうと思っていたら、クリックは見込めないですよね。

そして、最もな正論を言うと。。。
全部登録しても損はしません!!
不要な広告業者は使わなければ良いだけ!!


ということで、全業者登録してみることをおすすめします!!


はいっっ!!
次いきますよ!!

どうやって広告を掲載するの。
これもとりあえず端的に…

パソコンからブログの管理ページにログインし、ブログ設定→ブログパーツで設定します!

ちなみに、パソコンで設定することを強く勧めます!!
そうでないと、並び替えなどができないので!!
さてさて、このブログパーツリストから、一番下にあるフリーエリアを押します。
フリーエリア→?ボタン→追加
そうすると左の表示エリアに追加されますので、もう一度クリック
フリーエリア→設定
ラベルは適当でOK
改行設定は変換しない
タイトル設定はチェックを入れます。
そして大きな空白エリアに広告コードをコピペ
パーツは表示するでOK


そして保存ボタンを押すと?

完成!!
ちなみに、広告業者との利用申請が終わってないと空白の四角しか表示されませんからね。

よーし。これでOK!と思ったあなた!!
甘いです(笑)
これではまだ20%

今設定したのは、PCからの表示のみ。
スマホでのアクセスでは広告が掲載されません!!(従来のアクセスの70%はスマホからです!!)


どうするの?
もう一度ブログ設定に戻りましょう!!
ブログパーツ設定欄のスマートフォンをクリック!!
スマートフォン→レイアウト→広告
すると左に広告という欄が現れます。それをクリック。。。
広告→設定→該当するステータス欄の編集をクリック→広告コードをコピペ
ちなみにフリーの場合は時間がかかります。忍者とかですね。
申請結果はAmazonから3時間後くらいにメールでお知らせが来ます。

これでOK?

まだです!!

ここの間違いが非常に多い!!!!!

実はこのスマートフォンのページの場合、
トップページ・アーカイブページ・個別記事ページ・画像ページのそれぞれで設定が必要です!!

これ非常に重要!!個別に設定です!!


それぞれ4つのページの準備が出来たら完成!!
準備が完成したり、Amazonから承認メールが届いたら広告配信率を必ず設定してください!

ちなみに…
どこかお気に入りの広告サイトがあったり、一社しか利用申請が通らなかった場合は、広告をひとつしか載せれないの?

そんなことありません!!
3つまで載せれます!!

ただし注意点!!!!
広告サイト内で別々に広告枠を作らないといけません!
つまり、ひとつ作ったのを、同じページに二つ以上は掲載できないということです。
ひとつのページに何個乗せたいかを考えて、複数個広告枠を申請しておくと良いと思います!

これ重要です。繰り返すと、
広告枠は複数個申請しておきましょう!大は小を兼ねる!


さて、ここまでいけば広告が掲載されているか自分のサイトに足を運んでみましょう(*´∀`*)ノ。+゜*。
それぞれのページに思った通りに広告が掲載されましたか?
きっとされているでしょう!
*:--☆--:*:--☆--:おめでとうございます*:--☆--:*:--☆--:

ここまでいけば勝手に広告収入が入ってきます。ガポガポまでは行きませんが、ちょろちょろと。

さらに詳しい情報を掲載しますね。
ここまで来たらやっとどこの広告サイトにするかを考慮するというので良いと思います!!
所詮最初のブログ来客者なんて微々たるものですから。。。

広告の種類の話になりますが、大きく分けて3種類あります。
成果報酬型
広告経由で買い物や資料請求されるという成果があった時に報酬が発生します。
クリック報酬型
広告がクリックされた分が報酬になります。
表示報酬型
表示されるだけで報酬が得られます。


一回あたりの金額が大きいのは当然成果報酬型。Amazonや楽天などもこれに含まれます。
ただ、レベルが高い広告です。ブログ自体でその商品を紹介したりする必要も出てくるでしょう。
例えばこのような記事を書いている途中に下のバナーを入れます。記事に関係がある商品ですね。(購入お願いします(笑))

続いてクリック報酬型。これは表示報酬型と複合しているものが多いです。
表示された回数分の報酬+クリックされた分がボーナス程度に入るといった感じです。
ほんと、微々たるものです。
イメージとしてひとつのページが閲覧されたら0.2~0.5円というイメージです。
大丈夫。塵も積もれば山となりますよ(´∀`)

それで、おすすめは表示報酬型ですね。
わたしは今のところ全て使ってますが、今のところ成果報酬型は成果が出ていません…
是非、プレゼン能力に自信がある方はやってみてください!!

ほかに知りたいことがあれば是非コメントをください!

次回の記事には、どのように閲覧数、ブログ訪問者数を増やすかお伝えします!!
まだぺーぺーですけど(笑)

20151008175717


是非広告のクリックと読者ボタンのクリックをお願いいたします。


このページのトップヘ