世界のボードゲームとPerfumeのブログ

Perfume54%,ボードゲーム43%,結局はMリーグ100% カタンの開拓者、ドミニオン、麻雀、モノポリー、スコットランド、パンデミック オススメや攻略をタラタラ書くブログです。

タグ:攻略法

◉この記事の概要◉
【相手の向聴数の見破り方】
◆配牌平均向聴数は3.5
◆1段目の手出し枚数−2枚=手が進んだ数
◆黙聴牌はケア無しでOK



RMU所属
最強プロ雀士との呼び声も高い
Mリーグでも大活躍
【多井隆晴】 

彼がついに、【相手の向聴数の見破り方】について口を開きました!

彼のコメントに、ブログ主の考察も交えてまとめたいと思います。

多井隆晴
「麻雀の配牌の平均向聴数は3.5向聴なんですよ」

◆配牌平均向聴数は3.5
重要な情報です。

基本的に3向聴か4向聴で始まるという事です。
相手がどちらなのか?前に出てくる様子で感じ取りましょう。
例えば、打牌スピードが早いなら4向聴だろう。とか
1,9牌を切ってくるなら3向聴だろうとかです。

ここからは考察に入ります。
最初は手牌はバラバラ。そこから徐々に寄せて行きます。
字牌や孤立牌を処理して行きます。
これも統計学ですが…
捨て牌1段目のツモ切りは1人1牌程度です。
でも、全てが有効牌とは考えづらいですよね?
それで、シンプルにこんな感じでどうでしょう!

◆1段目の手出し枚数−2枚=手が進んだ数
※手役重視の打ち手の場合はさらに−1枚
 
こうなると、平均聴牌順目は7〜8巡目
たしかに統計とも合致します!

さてさて、多井隆晴はさらに面白い事を言ってました。

「現代麻雀はリーチするんですよ」

つまり…
最近の麻雀について言うなれば…

◆黙聴牌はケア無しでOK

まあ。極端に言えば、こういう事です。
当然、トップ目だったり、副露していてとか、黙で倍満とかならありえるかも知れませんが
プロの雀士でも、最近の麻雀はリーチ麻雀です。

それで、今回の考察まとめるとこうなります!

◆配牌平均向聴数は3.5
◆1段目の手出し枚数−2枚=手が進んだ数
◆黙聴牌はケア無しでOK 

さてさて、今回はボードゲームネタです。ドミニオンの攻略法‼️の前に…
そもそも、ルールをしっかり説明できてなかったので…今回はルール説明‼️

使用するカード

  • 銅貨(1コイン)・銀貨(2コイン)・金貨(3コイン)の「財宝」(コイン)カード
  • 屋敷(1点)・公領(3点)・属州(6点)の「勝利点」カード
  • -1点の「呪い」カード
  • 10種類のActionカード(20種類以上の中からランダムに決まる。)

上記のカードの山の枚数はプレイ人数によって異なる。
2人プレイ時…「屋敷」、「公領」、「属州」をそれぞれ8枚づつ場に配置。
3人または4人プレイ時…「屋敷」、「公領」、「属州」をそれぞれ12枚づつ場に配置。

手順 

各プレイヤーは銅貨を7枚、屋敷を3枚受け取り、山札として使用する。
この10枚がスターターデッキ❗️
次に全員が5枚の手札を引いてゲームSTART❗️

手札に来たコインカードで場にあるActionカードを購入できる。スターターデッキをカスタマイズしていく❗️
購入・獲得したカードは捨て札に置かれ、すぐに利用することはできない。
ターンの終了時、使ったカードや余った手札はすべて捨て場に捨てて、新たに山札から5枚引いて手札とする。山札がなくなると、捨て札をすべて切り混ぜて新たな山札とする。
あとはひたすらこのローテーション。それで、購入したカードは、デッキを使い切った次のターンから手札に来る可能性があるという事❗️

プレーヤーのターンに出来る事は以前の記事の通り。
1.Action - 手札にあるアクションカードを使用できる。
アクションは1ターンに1回までだが、カードの効果によって、追加のアクションを行うこともできる。これがいわゆるコンボ❗️
ActionカードでActionを増やしたり、ドローを増やしたり、他の人の邪魔をしたり、自分のデッキを操作したり出来る。目的は、手札にコインを増やす事!これを忘れてはいけない。
2.Buy - 手札の財宝カードを場に出すことで、お金が生み出される。各カードにはそれぞれ値段(コスト)が設定されており、コスト分のお金を消費することで、場にあるカードを購入できる。購入により獲得したカードは捨て札に置く。購入に使用されなかった分の、アクションや財宝により発生したお金はターン終了時に消える。購入は1ターンに1回までだが、カードの効果によって、追加の購入を行うこともできる。これもいわゆるコンボ❗️
3.Clean - 最後に、使用したカード、コイン、手札に残っている使用しなかったカード、購入したカード、それら全てを捨て札に置く。その後デッキから5枚カードを引き手札にする。この間、山札が無くなって引けなくなったら捨て札をシャッフルし、山札にして残りを引く。(ここ、間違いやすいです❗️とりあえず山札を無くしてからシャッフル。なので、山札が残り3枚ならその3枚を引いてから、シャッフルし、2枚追加で引くという流れ。)


ゲームが終了するタイミング
場の属州のカードの山か、その他のカードの山の3つが無くなった時点でゲームを終了する。このとき各プレイヤーのデッキに含まれる勝利点の合計を計算し、最も勝利点の高いプレイヤーの勝利となる。拡張セットの植民地も属州と同様に無くなった時点でゲームを終了する。

以上がゲームの概要❗️

ちなみにActionカードってどんなカードがあるの
基本のActionカードだけ紹介します。(カードに書いてる内容そのまま)
・地下貯蔵庫
+1アクション。手札から好きな枚数のカードを捨て札にする。捨て札1枚につきカードを1枚引く。
・市場
+1カードを引く、+1アクション、+1カードを購入、+1コイン。

・民兵
+2コイン。他のプレイヤーは全員、自分の手札が3枚になるまで捨て札をする。

・鉱山
あなたの手札の財宝カード1枚を破棄する。破棄した財宝よりもコストが最大3コイン多い財宝カード1枚を獲得し、あなたの手札に加える。

・堀
+2カードを引く。他のプレイヤーがアタックカードを使用した時、手持ちからこのカードを公開できる。そうした場合、あなたはそのアタックカードの影響を受けない。

・改築
あなたの手札のカード1枚を破棄する。破棄したカードよりコストが最大2コイン多いカード1枚を獲得する。

・鍛冶屋
+3カードを引く

・村
+1カードを引く、+2アクション。

・木こり
+1カードを購入。+2コイン。

・工房
コスト最大4コインまでのカードを1枚を獲得する。


カードを引くという追加ドローや、アクションの追加というコンボ、購入というのは複数枚購入できるという事ですね。
ちなみにアタックカードってのは、他のプレーヤーに関与するアクションカードの事です✨

どうですか?
やってみると案外簡単で、カードを引く楽しみもあってハマりますよ✨


 皆さんが挑戦されるを…
IMG_1720
 

このページのトップヘ