世界のボードゲームとPerfumeのブログ

Perfume54%,ボードゲーム43%,結局はMリーグ100% カタンの開拓者、ドミニオン、麻雀、モノポリー、スコットランド、パンデミック オススメや攻略をタラタラ書くブログです。

タグ:捨て牌

◉この記事の概要◉
【相手の向聴数の見破り方】
◆配牌平均向聴数は3.5
◆1段目の手出し枚数−2枚=手が進んだ数
◆黙聴牌はケア無しでOK



RMU所属
最強プロ雀士との呼び声も高い
Mリーグでも大活躍
【多井隆晴】 

彼がついに、【相手の向聴数の見破り方】について口を開きました!

彼のコメントに、ブログ主の考察も交えてまとめたいと思います。

多井隆晴
「麻雀の配牌の平均向聴数は3.5向聴なんですよ」

◆配牌平均向聴数は3.5
重要な情報です。

基本的に3向聴か4向聴で始まるという事です。
相手がどちらなのか?前に出てくる様子で感じ取りましょう。
例えば、打牌スピードが早いなら4向聴だろう。とか
1,9牌を切ってくるなら3向聴だろうとかです。

ここからは考察に入ります。
最初は手牌はバラバラ。そこから徐々に寄せて行きます。
字牌や孤立牌を処理して行きます。
これも統計学ですが…
捨て牌1段目のツモ切りは1人1牌程度です。
でも、全てが有効牌とは考えづらいですよね?
それで、シンプルにこんな感じでどうでしょう!

◆1段目の手出し枚数−2枚=手が進んだ数
※手役重視の打ち手の場合はさらに−1枚
 
こうなると、平均聴牌順目は7〜8巡目
たしかに統計とも合致します!

さてさて、多井隆晴はさらに面白い事を言ってました。

「現代麻雀はリーチするんですよ」

つまり…
最近の麻雀について言うなれば…

◆黙聴牌はケア無しでOK

まあ。極端に言えば、こういう事です。
当然、トップ目だったり、副露していてとか、黙で倍満とかならありえるかも知れませんが
プロの雀士でも、最近の麻雀はリーチ麻雀です。

それで、今回の考察まとめるとこうなります!

◆配牌平均向聴数は3.5
◆1段目の手出し枚数−2枚=手が進んだ数
◆黙聴牌はケア無しでOK 

201226295213

最近は麻雀の記事が多いです。それだけ肩入れしている競技だということです。
別に、麻雀放浪記が劇画で復活するからではありませんよ…

さてさて、前回序盤の手作りで重要なのは、手出しの牌から手組みを考えることだと伝えました。
↓詳しくはここをクリック↓
序盤の手作りについて


そこで質問が…
どうやって手出しかツモ切りか覚えればいいですか?

ズバリ!!
暗記力を高めてください(笑)

ちゃんと答えたいと思います。
ちなみに、最終的には暗記力は必要になるのでそれは肝に銘じていただくとして…

序盤の手出しツモ切りの覚え方です。
ちなみに序盤というと6巡目までの事をこのブログでは指します。

四麻の場合、6巡目までに切れる牌は6×3で18枚です。
18枚全て覚えるのが難しければ、手出しの牌に自分の中で色を付けます。例えば赤とかです。
MJの場合はツモ切りが灰色になりすよね。
手出しのみ色を付けていくと、恐らく覚える必要があるのは10枚くらいではないでしょうか?
それなら覚えられますかね。

ポイント1
手出しの牌に自分の中で色を付けて覚える


ポイント2
手出しの牌が出てきたタイミングで相手の手牌を予想する

例えば8あたりが出てきたとします。8が出るというのは8・8・9とか5・6・8という形ですよね。だから7とか4は危ないな。と考えます。
思考が働いた牌というのは覚えて置きやすくなります。
相手の河を改めて見た時、「あっ、さっき危険牌を考えたときの牌だ」「ということは手出しだった。」となります。

ポイント3
それでも覚えられないなら一番警戒するべき人を絞って覚える

一番警戒すべき人って?だれ?
捨て牌からして手が早そうな人。一つ上の順位の人。トップ目の人。など焦点を合わせてください。
でも、これは妥協案ですからね
できればポイント1、2あたりで解決して欲しいです。
一人を警戒するなら手出しかツモ切りかは4枚くらい覚えるだけで済みます。

どうでしょう?
1回やってみてください。

慣れてくると、6巡くらいなら簡単に覚えられるようになりますよ。
徐々に覚える巡目を増やしていってください。7巡、8巡、9巡って。。。

ちなみに、最上級になりますが、最後まで覚えることができればすっごいことができます。

それは、他家が上がった時、もしくは流局した時に、他家の切り方、習性、傾向が全て丸裸になります!!
すごくないですか?
最終の手牌に至るまでの道のりが全てわかるわけです。
この情報は、麻雀の必勝には必要不可欠!!

だから、最終的には海底まで覚えられるように頑張ってください!

↓超上級の麻雀テクニックはここをクリック↓
【超上級】序盤・中盤・終盤の勝負の仕方




最後に…
もし良ければこのブログの応援をよろしくお願いします。
【ここをワンクリック!】

さらに、別の麻雀ブログへのリンクは以下から!
【人気ブログ 麻雀カテゴリーへ移動】

【ブログ村 麻雀カテゴリーへ移動】 


人気ブログランキング

このページのトップヘ