いつも大人気【プロ雀士なら何を切る?】
の問題です。

今回は前回記事の続きですが…
超攻撃アマゾネス和久津晶プロの打牌選択問題

東1局 北家 ドラ⑦
西家が10巡目に先制リーチ
捨て牌は
一九白発北南⑨④84
95C39E87-30AB-498D-B2A9-897E345F25B1


和久津晶プロの手牌は
②③④⑦⑨⑨⑨二二五七九23
AAB50341-FC8D-4C87-8E13-23D2BB0B9575


何を切ったでしょうか?
どうぞお答えください!



答えは…





解説のダイジェストでお送りします!


晶「まっすぐ行ったらドラじゃないですか?流石に、ドラを切ったらアホですよね。」

「現物は九がありますよね。」

晶「九はあるんですけど、この手はカン八にしたいですよね」

「したい?」

晶「えっ!したくないですか?」

「したいですけど…そうするためには、打牌選択がほかにあるって事ですよね」

晶「そうですね。」
(晶の呟き)
五切っちゃおうかな?でも、五切っても二がって話になるんで…
字から来てって、一か…
二五があるならシングル?
シングルだったら入ってるかもしれないもんね…

晶「カン八入っても、⑦にくっ付いてないので、のみのみになっちゃう可能性ありますよね。
だから二切りますか。」

「二⁉︎」

晶「からの五です!」

打[五萬]

「おぉ〜。凄いね。」
「これ何切るの統計取ったら、九がマジョリティになると思いますよ」
「というか、九の人しかいないと思いますよ」

晶「④の人もいると思う」

「スーパースターはマジョリティじゃだめだと思う」

という訳で

五萬が正解!

さすが!
super star! 


最後に…
もし良ければこのブログの応援をよろしくお願いします。
【ここをワンクリック!】

さらに、別の麻雀ブログへのリンクは以下から!
【人気ブログ 麻雀カテゴリーへ移動】

【ブログ村 麻雀カテゴリーへ移動】