本日のMリーグ第1戦の勝又プロの1打

空切りの意義とは?

この手で、②を積もった勝又は【手出し】で②を打ちました。
なぜでしょうか?

無題


この手は最終的に⑤⑧待ちになりそうですね。
4巡目に⑦を先に切っておくことで少し迷彩になっています。

さて、②の手出し(空切り)にどんな意味があるか?

手出しの読み
※安全牌ではない場合
手出しの場合、関連牌がその付近にありそうという読みになります。
赤あり麻雀の場合、2や8はスライドという可能性が時々あります。
234から赤5を持ってきて345にスライドしたということです。




今回の勝又は、この読みを狙いました。
何が起こるかというと?

勝又の捨て牌に⑦が早いので、⑧⑨⑥は持っていなさそうという読みになります。
そのあとに、①を切っていて、さらにそのあとに②を手出し

となると、勝又の手にはピンズが③④⑤のみに見える…

というマジックです。


結果は聴牌流局でしたが、見事な一打でした!1着おめでとう!

無題



最後に…
もし良ければこのブログの応援をよろしくお願いします。
【ここをワンクリック!】

さらに、別の麻雀ブログへのリンクは以下から!
【人気ブログ 麻雀カテゴリーへ移動】

【ブログ村 麻雀カテゴリーへ移動】