麻雀の敷居がなぜ高いか?
その1つの理由は点数計算がややこしいから…

でも、これは逆にチャンス!点数計算が難しくて、点数計算せずに麻雀をする人がたくさんいます。
これはチャンスです(笑)何度も言いますけど(笑)

すっごくシンプルな例えですけど、バスケしてるとします。残り10秒で2点差。どうします?
スリーポイントシュートでしょ(笑)
でも、もし、スリーポイントシュートの存在を知らなかったら?2ポイントを2本入れないといけないわけです。
麻雀って、最後数千点差のことがよくありますよね?
だから。。。
チャンスなんです(笑)

というわけです、覚えちゃいましょう! 

さて、読者さんがどこまで麻雀ができる人かわかりませんが、ある程度の麻雀用語を知っている人という程で進めます!
そうなら、10分で覚えられるので٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

まず符計算!!
1.明刻と暗刻はある?
無い場合(順子)=0符
ある場合
中張牌:
明刻子=2符・暗刻子=4符・明槓子=8符・暗槓子=16符
么九牌:明刻子=4符・暗刻子=8符・明槓子=16符・暗槓子=32符

2.雀頭は役牌?
違う=0符
役牌=2符

3.待ちの形は?
両面・双ポン待ち=0符
単騎・辺張・嵌張=2符

4.上がり方は?
ツモ=2符
鳴かずにロン(面前ロン)=10符
鳴いてロン=0符

5.上がったら必ず貰える符
基本符=20符


※符は1の位を切り上げ!
はい❗️符の計算終了!


次は点数計算。
これは、6個暗記すればOK

子と親分けて覚えます。
まず子から

子の30符は
1000,2000,3900,7700
セン、ニセン、ザンク、チッチー


子の40符は
1300,2600,5200
イチサン、ニンロク、ゴンニ


子の50符は
1600,3200,6400
イチロク、サンニー、ロクヨン


続いて親

親の30符は
1500,2900,5800,11600
インゴ、ニック、ゴッパー、ピンピンロク


親の40符は
2000,3900,7700
ニセン、ザンク、チッチー


親の50符は
2400,4800,9600
ニーヨン、ヨンハチ、クンロク


はい❗️完成👏👏
特に覚えないといけないのは下線の2つ‼️
他は単純に倍になってるだけΣ(・□・;)
親の40符は、子の30符ほぼ一緒。

という事で、子の30符と親の30符を覚えればOK‼️

ちなみに、子のツモの場合は、
上記の点数÷2=親の支払い(切り上げ)
親の支払い÷2=子の支払い(切り上げ)

そして、親のツモの場合は、
上記の点数÷3=子の支払い(切り上げ)

これで完成です‼️

6a34c_1585_5e62759bcdef2594d93c254b7ee952c9


ねっ!
10分でしょ✨

これであなたも麻雀マスター✨
ちなみに麻雀プロテストでも出るので覚えておくように(笑)

人気ブログランキング

最後に…
もし良ければこのブログの応援をよろしくお願いします。
【ここをワンクリック!】

さらに、別の麻雀ブログへのリンクは以下から!
【人気ブログ 麻雀カテゴリーへ移動】

【ブログ村 麻雀カテゴリーへ移動】 

http://aff.i-mobile.co.jp/ad_link.ashx?pid=48860&advid=33192&psid=27712

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット